kochorinの独り言

サラリーマンをリタイアすることに決めました。退職までの経過と、働くということに関して自分が考えたことなどをつぶやきます。

携帯料金4割値下げ?

diamond.jp

 8月21日、安倍内閣の菅官房長官は講演の場で、「携帯電話料金は4割下げられる余地がある」と発言した。それはただの個人的な感想ではなく、どうやら政府は本気の様子である。

 間髪入れず、総務省は23日に携帯電話料金の引き下げ検討を総務省の諮問機関である情報通信審議会に諮ることにした。2019年末までにまとめられる報告書では「儲けすぎ」の携帯電話会社(携帯キャリア、以下同)にさらなる料金引き下げを要望することになりそうだ。


4割下げる余地があるかどうかは別として、携帯電話の料金体系ってホント分かりにくいですね。
基本料金に通話やメール代、携帯機器の本体代金、各種オプションに割引制度など。
こんな複雑な料金体系をとっているから、ユーザーをだまして契約させているといった批判が出るわけであって、大手3キャリアにはもっと分かりやすい料金体系への見直しをお願いしたいです。
それをしないで、「本当は高くないんです」といったところで誰も理解できず、自業自得だと思います。


ところで、本当に携帯電話料金が値下げされたとした場合、わたしとしては複雑です。
消費者としては割引の恩恵を受けられますが、投資家としてKDDI、NTTドコモ、沖縄セルラーのホルダーであるわたしとしては、これらの企業の業績が悪化することは嬉しいことではありません。
せっかくの高配当、連続増配銘柄なのに…。

是非、これらの会社の経営者、従業員のみなさんには、コスト削減の取り組みを徹底して、値下げのインパクトを挽回し、利益の増大を図っていただくようお願いしたい。

従業員の立場で言いたい放題言っていたのを棚に上げ、投資家としてのkochorinは経営サイドで発言するのでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村