kochorinの独り言

サラリーマンをリタイアすることに決めました。退職までの経過と、働くということに関して自分が考えたことなどをつぶやきます。

資産形成の要諦

資産を増やすために最も大切なことは、生活コストをミニマイズすることです。


「隣の億万長者」という本があります。億万長者とはどういう人たちなのか、実際の億万長者1万人以上にインタビューやアンケートをして彼らについて徹底的に調査した結果が書かれています。その結果、分かった事実として彼らのほとんどはありふれた職業と家庭を持つ普通の人だったそうです。では、なぜそのような普通の人が億万長者になれたのか?億万長者でない人との特徴的な違いを一言でいうと、彼らのほとんどが類まれなる倹約家であったということです。


「足るを知る」といいますが、質素でお金を使わない生活でも満足できる人は、お金持ちになれる素質があると思います。逆にいくら収入があっても、それ以上に浪費してしまう人はいつまでたってもお金持ちにはなれません。


わたしの場合、もともとそれほど物欲がなかったことから、独身時代はほとんどお金を使いませんでした。仕事が忙しかったこともあり、平日は寮と会社の往復だったのでお金を使う場面がなかったし…。せいぜいたまに行く居酒屋での飲み代くらいでしょうかね。田舎暮らしだったので、お金を使う遊びがあまりなかったことも幸いしました。

もともと学生時代はローコストの生活をしていましたので、そこから生活コストを上げなければ自ずとお金が溜まっていくと思います。そういった生活でも、とりたてて何かを我慢したつもりもありませんし、不自由な思いを感じたこともありません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村