kochorinの独り言

サラリーマンをリタイアすることに決めました。退職までの経過と、働くということに関して自分が考えたことなどをつぶやきます。

終身雇用を前提とする労働市場とそれを許さない就業環境

日本の労働市場は硬直的であり、諸外国に比べて圧倒的に流動性が低いです。簡単に言うと転職し難い労働市場となっているため、敗者復活が難しい環境であるといえます。

新卒で入った会社がたまたま運よくホワイト企業で、たまたま配属職場も自分の適正にあっていて、たまたま上司や同僚にも恵まれ、たまたまその会社が成長していく会社だった、などの超ラッキーが重なれば幸福な会社生活が歩めますが、そうでなければ転職のハードルが極めて高いため、最初に入った会社で何らかの我慢を強いられながら勤め続ける選択をしなければなりません。


そのまま継続勤務することで、労働市場での自らの価値を上げていける人はいいのですが、なかなかそうは上手くいきません。

日本の労働慣行では新卒一括採用で大量に採用し、いったん採用した社員を自社の都合のいい社員に教育、育成していきます。この際に日本の大企業では、自社の社員を労働市場で価値のある人材に育てようとは思っていませんので、会社の言うがままにキャリアを積んできた社員は、自社でしか通用しないスキル、知識しか身に付いていない、労働市場では価値のない人材に育っていく可能性が高いのです。


こうなると、転職に踏み切った場合でも最初に入社した会社より労働条件がよくなるケースは稀であり、悪くするとその後は生涯正社員になれず非正規社員のまま過ごすことになるケースもあり、ワーキングプアに転落する危険性も高まります。


それでも終身雇用が守られている時代は我慢して定年まで同じ会社で勤め続けるという選択もできたでしょうが、ご承知のとおり今はどんな大企業でもリストラが当たり前の時代になっており、定年まで勤めあげることがますます困難になってきています。加えて、家庭生活の面でも育児の問題、介護の問題、配偶者の仕事の問題などがあり、仕事と家庭の両立が難しい時代になってきています。


根本的な問題は、労働市場が未だに終身雇用を前提としているため流動性が低く、転職が困難な状況であるのに対し、実際の就業環境は終身雇用とは程遠く、諸々の事情から途中で離職せざるを得ない人が増加しているという点にあります。このことが働く人に閉塞感を感じさせ、なかなか未来に明るい希望を見出せない要因になっているのでしょう。


ひとつの解決策として、お金を貯めて労働市場そのものからリタイアするというわたしのような選択肢もありますが、ある意味特異な価値観をもっている人にしか共感されないマイナーな選択肢ですので、万人にお勧めできるものではありません。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村