kochorinの独り言

サラリーマンをリタイアすることに決めました。退職までの経過と、働くということに関して自分が考えたことなどをつぶやきます。

ラジオ体操

ラジオ体操で思い出すのは小学生の時の夏休みの思い出。


朝早起きして6時過ぎに両親と妹達と家を出て近くの公園へ。普段は朝寝坊ばかりしていたわたしですが、不思議なことに夏休みはいつも朝早くから目が覚めてましたね。
今日は何して遊ぼうか、とワクワクした気持ちで目覚めていたことを思い出します。

爽やかな朝の空気の下、ラジオ体操会場の公園に着くと、近所の友達たちが顔を揃えていました。顔を合わせるなり早速ふざけまわって遊んでましたね。
そうこうするうちにあの曲が流れてきます。

「あたーらしーい朝が来た。きぼーうのあーさーが」

今でもこの曲を聴くと、当時のワクワクした気持ちが蘇ってくるのと同時に、もう戻れないあの無邪気な古き良き時代を想い、切ないようななんとも言えない気持ちになってきます。

ラジオ体操が終わると、カードに出席のハンコを押してもらってラジオ体操は終了です。

ラジオ体操が終わったからといって、わたしをはじめとした悪ガキたちがそのまま帰るはずもなく、家に向かう親たちを尻目に、朝飯前のひと遊びとして小一時間くらい缶蹴り、ケイドロなどをして遊ぶのが日課でした。

朝飯後にまた遊ぶ約束をして一旦帰宅。家に帰ると母の煎れてくれたコーヒーの良い香りが家の中に漂っています。


もう戻れない遠い昔の日を回想し、柄になくセンチメンタルになるkochorinでした。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村